スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Conspiracy ?nightmare?

ご注意:このブログで公開されているお話は公式設定となんら関係のない二次創作物であることをご了承ください。


アクロエンペラー復活以降に建造されたミクロ生命体の暮らす都市。
M.I.C.Rから離反した科学者たちによって生み出されたミクロ生命体のための秘匿されたコミュニティとして1917:ランス、1918:メイス、1919:ソードが建造される。
物語はタウン1918から始まる。


タウン1918 AM03:57
W機関研究施設アッパーフロア。
N-tec社をはじめ、様々な分野の技術をミクロ生命体に転用すべく設立されたとされる研究施設。
それは表向きの姿であって、本来の目的はまったく別なところにある。
ただし、それらは完全に閉じられたもの故、タウン1918で普通に暮らすミクロ生命体は知る由もない。

V・タスクリーダー「そろそろ定時連絡の時間だな。
           異常ないか?」
V・タスク01「異常なし」
V・タスク02「異常な・・・」

ナイトメア01

続きを読む

スポンサーサイト

アイリーンさんが来るよ!?後編?

ミクロ生命体が暮らすシティ1919。
風変わりなコミュニティで暮らすみくろ屋の面々のお話でございます。

アイリーンさんが来るよ!後編1

アイリーンさんをお迎えすることになったみくろ屋の面々。
だが一人としてみくろ屋の社長『そーど・ふぃっしゅ』を見た者はいなかった...?

キム「うるさいの?、さっきからなんやねんな。
   人が一生懸命仕事しとる後ろで!」
シャンニー「キムさんは社長さんと会ったことってあります?」
キム「ない。つーか、俺とウォルターがここに雇われた時にも会ったことないわ」
ウォルター「う?ん、そういえば採用通知もメールだけだったし、業務連絡もメールか音声のみだったなぁ...」
シャンニー「...少しは疑いましょうよ。って、私もですけど」

続きを読む

アイリーンさんが来るよ!?前編?

ミクロ生命体が暮らすシティ1919。
風変わりなコミュニティで暮らすみくろ屋の面々のお話でございます。


アイリーンさんが来るよその1
シティ1919に引っ越してきたみくろ屋の面々は仮の店舗で営業を再開したそんなある日のお話。

ウォルター「ええ、納品は早くて明日の午後一になるかと。ええ...」
キム「うわ、ガスケットほとんど死んどるやんか。全部とりかえやなぁ...」

続きを読む

ふろんてぃあ劇場:その2?引越し祝い?

まいどどうも
シティ1919に引っ越してきたみくろ屋ふろんてぃあの一行は荷解きに追われていた。
そんな彼らの元に男が一人やってくる。

ガンナー:「まいど?、ボンバーヘッドオートから納車にまいりました?」
シャンニー:「納車・・・ですか?」

続きを読む

ふろんてぃあ劇場:その1?お引越し?

お引越し1

キム:おいす、みくろ屋ふろんてぃあの[輝く疾風]キムだ。
ウォルター:[静かなる激流]ウォルターです。

キム:なんや、今回うちのマスターの命令で引越しすることになっててんやわんやな状態や。
ウォルター:なんでも人生最大の買い物と枷をGetだぜ!とか言ってましたが...。
キム:そんなわけで昔のことはきれいさっぱり忘れて1からのスタート!...らしいで?
バーチャルタスク:...(; ・`д・´)

続きを読む

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。